Fandom


(ページの作成:「{{Infobox character |image = I2 - Elastigirl.png |films = Mr.インクレディブル<br>[[インクレディブル・ファ...」)
 
22行: 22行:
 
|fate = }}
 
|fate = }}
 
'''イラスティガール'''(Elastigirl)、本名'''ヘレン・パー'''(Helen Parr)は2004年に公開された[[ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー]]/[[ピクサー]]によるアニメ映画『[[Mr.インクレディブル(映画)|Mr.インクレディブル]]』の登場人物である。主人公[[Mr.インクレディブル]]ことボブ・パーの妻で、'''Mrs.インクレディブル'''(Mrs. Incredible)としても知られる。2018年公開の続編『[[インクレディブル・ファミリー]]』にも登場。
 
'''イラスティガール'''(Elastigirl)、本名'''ヘレン・パー'''(Helen Parr)は2004年に公開された[[ウォルト・ディズニー・カンパニー|ディズニー]]/[[ピクサー]]によるアニメ映画『[[Mr.インクレディブル(映画)|Mr.インクレディブル]]』の登場人物である。主人公[[Mr.インクレディブル]]ことボブ・パーの妻で、'''Mrs.インクレディブル'''(Mrs. Incredible)としても知られる。2018年公開の続編『[[インクレディブル・ファミリー]]』にも登場。
+
==設定==
  +
===力と能力===
  +
*'''柔軟性''':イラスティガールの能力は柔軟性で、身体を薄く引き伸ばすことができる。シンドロームのコンピューターに表示されたデータによると、イラスティガールは300フィートまで伸長でき、80フィート跳躍することができるという。同データでの“脅威レート”は6.2。また彼女は弾性を利用して物を遠くまで投げ飛ばしたり、重いものを支えることができる。
  +
*'''耐久力''':イラスティガールは弾性のおかげで高い耐久力を持つ。大きな負荷をかけられたときには苦悶の表情を見せることもあるが、実際にダメージを負う場面はない。また[[エドナ・モード]]が提供したスーツも防御に一役買っている。
  +
*'''変形''':イラスティガールは柔軟性を利用して身体を変形させることができ、実際に子どもたちを救うため胴体を大きく広げてボートやパラシュート等に変形したことがある。
  +
===弱点===
  +
*'''衝撃''':柔軟性のおかげで耐久力を持つイラスティガールだが、衝撃で気絶することもある。実際、彼女は飛行機がミサイルで撃墜された時に一時的に気を失った。
  +
*'''柔軟性''':伸ばした状態の身体がドアに挟まれるなど、時には長所である柔軟性が問題を引き起こすことがある。
 
{{DEFAULTSORT:いらすていかある}}
 
{{DEFAULTSORT:いらすていかある}}
 
[[en:Elastigirl]]
 
[[en:Elastigirl]]

2018年6月18日 (月) 05:45時点における版

イラスティガール(Elastigirl)、本名ヘレン・パー(Helen Parr)は2004年に公開されたディズニー/ピクサーによるアニメ映画『Mr.インクレディブル』の登場人物である。主人公Mr.インクレディブルことボブ・パーの妻で、Mrs.インクレディブル(Mrs. Incredible)としても知られる。2018年公開の続編『インクレディブル・ファミリー』にも登場。

設定

力と能力

  • 柔軟性:イラスティガールの能力は柔軟性で、身体を薄く引き伸ばすことができる。シンドロームのコンピューターに表示されたデータによると、イラスティガールは300フィートまで伸長でき、80フィート跳躍することができるという。同データでの“脅威レート”は6.2。また彼女は弾性を利用して物を遠くまで投げ飛ばしたり、重いものを支えることができる。
  • 耐久力:イラスティガールは弾性のおかげで高い耐久力を持つ。大きな負荷をかけられたときには苦悶の表情を見せることもあるが、実際にダメージを負う場面はない。またエドナ・モードが提供したスーツも防御に一役買っている。
  • 変形:イラスティガールは柔軟性を利用して身体を変形させることができ、実際に子どもたちを救うため胴体を大きく広げてボートやパラシュート等に変形したことがある。

弱点

  • 衝撃:柔軟性のおかげで耐久力を持つイラスティガールだが、衝撃で気絶することもある。実際、彼女は飛行機がミサイルで撃墜された時に一時的に気を失った。
  • 柔軟性:伸ばした状態の身体がドアに挟まれるなど、時には長所である柔軟性が問題を引き起こすことがある。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。