Disney Wiki
Advertisement

グストーの従業員(Gusteau's Employees)とは、2007年の映画『レミーのおいしいレストラン』に登場する脇役である。

映画での活躍[]

オーグスト・グストーが亡くなった後、レストランを受け継いだスキナーの下で働く従業員たち。

その2年後、アルフレッド・リングイニが雑用係として店にやってきた。

メンバー[]

ラロ(Lalo)は、グストーのソーシエ担当のシェフ。 以前は12歳で家出しサーカスで曲芸師として働いていたが、「団長の娘に手を出した」という理由でクビになった。終盤でリングイニにレミーを紹介された後、悲しげに仕事を辞めた。

ホルスト(Horst)は、スキナーに次ぐドイツ人副料理長で、スキナーがいないときは二番手ということになる。以前は刑務所に服役したことがあるらしいが、罪状については大企業を騙した、フランスで2番目に大きな銀行をボールペン1本で襲った、アビニョン上空にオゾンホールを作った、親指で殺人をしたなどと話が変わるため、真相は不明。スキナーの許可なく、他のシェフたちと共にリングイニを雇った。レミーが捕まった際、皆と共に殺そうとした。He next appeared when people asked, "What was new?" He calls the "new" meal "Special Order!" and then joined cheers with Linguini when he took over Gusteau's restaurant. Then when Anton Ego reviewed the restaurant, Horst and the other chefs tried to kill Remy, but Linguini told them to spare the rat.リングイニがインキチで料理を作っていたことを教えられ、真っ先に仕事を辞めた。

ラルース(Larousse)は、冒頭でリングイニをスキナーに紹介するシーンで初登場する。元レジスタンスの武器調達係だったが、どこのレジスタンスかは不明。終盤でリングイニにレミーを紹介された後、悲しげに仕事を辞めた。

ポンピドゥ(Pompidou)は、パティシエ担当で、デザートを作っている。以前はギャンブル中毒で、ラスベガスやモンテカルロのカジノに出入り禁止になったこともあるという。終盤でリングイニにレミーを紹介された後、悲しげに仕事を辞めた。

Advertisement