Disney Wiki
Advertisement

シャイニー(Shiny)は、ディズニー長編アニメーション映画『モアナと伝説の海』の挿入歌である。

概要[]

この歌は、タマトアが自分の最も美しい資質、特に輝く貝殻を誇示するために歌われる。モアナマウイの釣り針を取り戻す時間を稼ぐための気をそらしている時にタマトアはこの歌を歌い始めるが、タマトアは最終的にマウイを発見し、2人の戦いが始まってしまう。曲のクライマックスでは、タマトアが生物発光することが明らかになる。

歌詞[]

昔 タマトアは茶色くて さえないカニだった
今はゴージャスになれた 幸せだぜ ベイビー
本当の自分になれ なんて言うヤツもいる
そんなたわごと信じるな 嘘だよ それより
シャイニー 俺は輝きたいのさ
ピカピカに磨き
シャイニー 首飾りみたいに光る クッ
そうか 魚は
ほら ギョギョギョ 光るものが好き 大好き
そうさ コイコイコイ 輝くもの めがけ
うん うまい 好きさシーフード
おまえも食べよう 食べよう

おやおやおや
姿を変えることできずに どうもお困りのようだ
釣り針が使えなくなった だろ?
残念でした 終わりだな
今こうしていられるのも そのタトゥーのおかげ
まねして体中キラキラ これこそ芸術
シャイニー ダイヤのように煌めき
注目されちゃうのさ
シャイニー どんなに叩こうが俺の 甲羅は硬い
やれよ ドンドンドン 勝てると思ってるなら
間抜けすぎだ だよな
どうせ ボロボロボロ 何をしても無駄さ
やめるんだ

捨てられたおまえは 人間の愛情がほしくて
あがいてきたのに 全然タフじゃない
フニャフニャ情けないヤツ

マウイ いい加減に目を覚ませ 俺を見ろよ
シャイニー 眩しくてくらみそうか これぞ人生だよ
シャイニー 早く気付いていればな おまえも
食べられずにすんだ
そう 輝いていれば

トリビア[]

  • Artist David Bowie served as inspiration for the song, specifically in Jemaine's theatrical performance and vocals.[1]
  • 原語版歌詞における「C'est la vie, mon ami」(日本語版歌詞の「これぞ人生だよ」にあたる)はフランス語で「それが人生だ、友よ」という意味。
  • In the demo version of the song, Tui was the relative that Tamatoa mocked, instead of Gramma Tala.
  • Lin-Manuel Miranda jokingly subtitled the song "Sebastian's Revenge," describing it as The Little Mermaid song "Les Poissons" in reverse as the latter song features a human trying to eat a crab, while the former features a crab trying to eat a human.[2]
  • The song is referenced in Ralph Breaks the Internet as Moana's casual outfit has the words #SHINY and a picture of Tamatoa on it.
  • The song serves as a dark foil for Moana's journey of self-acceptance as it praises outer beauty and even mocks the purpose of Moana's journey.

脚注[]

  1. Clement, Jemaine (November 12, 2016). ""It was written by @Lin_Manuel and definitely a Bowie influence."" (Tweet). Twitter.
  2. Snetiker, Marc (January 11, 2017). "10 fun facts about Moana that will make you say ‘Wow, what a fun Moana fact'" (Article). Entertainment Weekly.
Advertisement