Disney Wiki
Advertisement


ジェーン (Jane) は映画「ピーター・パン2 ネバーランドの秘密」に登場するキャラクター、ウェンディの娘。年齢は10歳前後。かつては母の語り聞かせるピーター・パンの話を信じ「最初のロストガールになる」と意気込んでいたが、戦争のために心が荒み、母方の祖父のジョージ同様次第に子供らしい心を失っていく。

歴史[]

戦争のため出征した父に代わって家族を支えなければならないという重圧のせいか、ウェンディとは対照的にかなりの現実主義的であったが、内心では希望を信じたいという葛藤もあった。ピーター達との触れ合いで次第に子供らしい心を取り戻していく。しかし、自分がフック船長に唆されてしまったことでピーター達が捕まり、自分の些細な一言でティンカー・ベルを傷つけ生命力を失いかけたことから強い後悔と罪悪感に苛まれて涙を流すが、それがきっかけで信じる心を取り戻し、ティンカー・ベルの粉で空を飛べるようになった。家族との再会後、「妖精にひどい事を言ってはいけない」とダニーに語っている。

登場作品[]

トリビア[]

原作「ピーター・パンとウェンディ」では終盤に登場。なお、ジェーンはその後一児の母親となり、マーガレット(ウェンディの孫で、ションとマイケルの大姪)という娘を儲けている。

ギャラリー[]

ジェーン - Wikipedia

Advertisement