Disney Wiki
Advertisement

スノーボール(Snowball)は、1996年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画『ノートルダムの鐘』に登場するクロード・フロローの愛馬。フィーバスの馬、アキレスの鏡として描かれていることが多い。

歴史[]

スノーボールは、輓馬の一種であり、筋肉質で、巨体であること以外の情報はほとんど不明。しかし、主人には忠実で、ディズニー映画に登場する他の動物に時々見られるような人間味のある性格ではないので、真の悪とは言えない。ただし、常に怒ったような唸り声を上げているように見えるので、何らかの暗い性格であることはうかがい知れる。

DVDの音声解説で、映画監督のカーク・ワイズゲイリー・トルースデール、映画プロデューサーのドン・ハーンが、フロローの馬の名前がスノーボールであることを明かした。

映画での活躍[]

映画の中でほんの少ししか登場しない。冒頭のシーンで、フロローと共に、赤ん坊のカジモドを抱いたジプシーの女性を追いかけている。フィーバスの馬、アキレスに厳しい視線を送るシーンもある。フィーバスが風車でフロローに反抗した際は、エスメラルダがスノーボールのお尻に石を投げてフロローを突き飛ばし、フィーバスがスノーボールを奪って逃亡する。フィーバスが負傷して馬から投げ出された後、すぐにフロローに回収される。

主人の死後、彼がどうなったかは不明である。

トリビア[]

  • スノーボールという名前にも関わらず、この馬は黒いセーブルの馬なので、若干皮肉な名前である。
  • 彼はフリージアン・ホースである。
  • 美女と野獣』にて、ガストンがスノーボールに酷似した馬に乗りながら、暴徒を集めるシーンがある。

ギャラリー[]

Advertisement