Disney Wiki
Advertisement

ターボタイム(TurboTime)は『シュガー・ラッシュ』に登場するリトワクのゲームセンターに存在していた8ビットレースゲーム。シュガー・ラッシュを乗っ取り、キャンディ大王になる前のターボが主役。

概要[]

ゲームセンターがオープンした当初からあったもので、最も人気のあるゲームだった。ターボは目立ちたがりな性格だった。

新しいレースゲーム『ロードブラスターズ』が導入されたことで人気が奪われてしまい、ターボは嫉妬に狂ってしまう。

ターボは自分のゲームを離れ、新しいゲームを乗っ取ろうとし、子供たちがプレイしている最中に画面に現れた。そして、ロードブラスターズの車と激突し、ゲームをクラッシュさせてしまった。これによって、2台のゲームは故障中と見なされ、ゲームセンターから撤去された。ターボはこの時死亡したと思われていた。

それ以来、ゲームセンターのキャラクター達は、ゲームセンターの営業時間中にキャラクターが他のゲームに移動する行為を「ターボする」と呼び、忌避されている。しかし映画の終盤近く、ターボは生存しており、キャンディ大王に化けて同じくレースゲームのシュガー・ラッシュを乗っ取っていたことが明らかになった。

トリビア[]

  • Like the other games created for the film, a TurboTime game was produced for the Wreck-It Ralph app.
  • TurboTime was placed next to Fix-It Felix Jr., which explains the fact that of all the characters in the film, Felix was the only one who knows who Turbo really is and what the phrase "Going Turbo" actually meant and why King Candy was the only one who recognized Ralph in Sugar Rush.
  • ロードブラスターズがゲームセンターで稼働したのは1987年なので、ターボは同年に事件を起こした可能性が高い。
  • このゲームの他のキャラクターが電源を抜かれた後どうなったのかは不明。Qバートのようにゲーム・セントラル・ステーションでホームレスになったか、全員脱出できずに死亡したのどちらかと思われる。ゲーム・セントラル・ステーションで彼らの姿は確認できないので後者の可能性が高い。
  • TurboTime is supposed to be a parody of Rally-X, but is portrayed as a racing game instead of a maze game (it has a steering wheel instead of a joystick, and its gameplay, showing an oval racetrack from above, only appears for a split-second) and also seems like a combination of Pole Position and Death Race.
Advertisement