Fandom


(ページの作成:「{{Infobox film |image = Melodyposter.jpg |director = ジャック・キニー<br>クライド・ジェロミニ<br>ハミルトン・ラスク<br>[[ウィ...」)
 
14行: 14行:
 
|followed = [[イカボードとトード氏]]
 
|followed = [[イカボードとトード氏]]
 
|imdb_id = }}
 
|imdb_id = }}
『'''メロディ・タイム'''』(原題:Melody Time)は[[ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ|ウォルト・ディズニー・プロダクション]]が手がけた10作目の長編アニメーション映画である。製作時には'''オール・イン・ファン'''(All in Fun)という仮題が付けられていた。[[RKOラジオ・ピクチャーズ]]の配給で[[1948年]]5月27日に公開された。『[[メイク・マイン・ミュージック]]』と同様、ポピュラー・ミュージックやフォークを複数のエピソードと組み合わせた作品であり、『[[ファンタジア]]』のポピュラー・ミュージック版とも言われる。『メロディ・タイム』は『ファンタジア』ほど芸術的成功を収めたわけではないが、興行的にはある程度の成功作となった。本作は『[[ラテン・アメリカの旅]]』や『[[三人の騎士]]』、『メイク・マイン・ミュージック』、『[[ファン・アンド・ファンシー・フリー]]』に続く“パッケージ映画”の5作目である。
+
『'''メロディ・タイム'''』(原題:Melody Time)は[[ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ|ウォルト・ディズニー・プロダクション]]が手がけた10作目の長編アニメーション映画である。製作時には'''オール・イン・ファン'''(All in Fun)という仮題が付けられていた。[[RKOラジオ・ピクチャーズ]]の配給で[[1948年]]5月27日に公開された。『[[メイク・マイン・ミュージック]]』と同様、ポピュラー・ミュージックやフォーク・ミュージックを複数のエピソードと組み合わせた作品であり、『[[ファンタジア]]』のポピュラー・ミュージック版とも言われる。『メロディ・タイム』は『ファンタジア』ほど芸術的成功を収めたわけではないが、興行的にはある程度の成功作となった。本作は『[[ラテン・アメリカの旅]]』や『[[三人の騎士]]』、『メイク・マイン・ミュージック』、『[[ファン・アンド・ファンシー・フリー]]』に続く5作目の“パッケージ映画”である。
 
==あらすじ==
 
==あらすじ==
 
{{Stub}}
 
{{Stub}}
33行: 33行:
 
{{DEFAULTSORT:めろていたいむ}}
 
{{DEFAULTSORT:めろていたいむ}}
 
[[en:Melody_Time]]
 
[[en:Melody_Time]]
[[カテゴリ:1948年の映画]]
 
 
[[カテゴリ:アニメ映画]]
 
[[カテゴリ:アニメ映画]]
  +
[[カテゴリ:1948年の映画]]

2018年9月7日 (金) 07:33時点における版

メロディ・タイム』(原題:Melody Time)はウォルト・ディズニー・プロダクションが手がけた10作目の長編アニメーション映画である。製作時には『オール・イン・ファン』(All in Fun)という仮題が付けられていた。RKOラジオ・ピクチャーズの配給で1948年5月27日に公開された。『メイク・マイン・ミュージック』と同様、ポピュラー・ミュージックやフォーク・ミュージックを複数のエピソードと組み合わせた作品であり、『ファンタジア』のポピュラー・ミュージック版とも言われる。『メロディ・タイム』は『ファンタジア』ほど芸術的成功を収めたわけではないが、興行的にはある程度の成功作となった。本作は『ラテン・アメリカの旅』や『三人の騎士』、『メイク・マイン・ミュージック』、『ファン・アンド・ファンシー・フリー』に続く5作目の“パッケージ映画”である。

あらすじ

Editicon このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

キャスト

ギャラリー

Wiki
より詳細なギャラリーはディズニーwikiの英語版ページをご覧ください。

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。