Disney Wiki
Advertisement

リチャード・ホワイト (Richard White)は、アメリカの俳優、声優、オペラ歌手であり、ペーパーミル・プレイハウスで『ショーボート』のゲイロード・ラベナル役、ニューヨークシティオペラで『新月』のロバート・ミッション役を演じている。また、アーサー・コピットとモーリー・イェストンのミュージカル「ファントム」の世界初演でタイトルロールのエリックを演じ、オリジナルキャストレコーディングでこの役を歌っている。ホワイトは1971年にベテルパーク高校を卒業した。

ディズニーでは、『美女と野獣』シリーズのガストンの声を担当したことで有名。1991年、この映画を宣伝するニューズウィーク誌のインタビューで、ホワイトは、10代の頃に見た自信過剰なジョックをガストンのベースにしたと語り、「ガストンが30歳まで生きていたら、高血圧症の可能性があり2度離婚していただろう」と考えていたという。

ポカホンタス』のラトクリフ総督役も検討されたが、プロデューサーは視聴者が彼の声を聞いてガストンを思い浮かべるだろうと考えた。そこで、『美女と野獣』でホワイトと共演したデヴィッド・オグデン・スティアーズがラトクリフの声優として起用された。ホワイトは『ハウス・オブ・マウス』のさまざまなエピソードでガストン役を再演した。

2022年、『美女と野獣 30周年セレブレーション』にパン屋役でカメオ出演。

私生活[]

振付師のシャロン・ハーレイとは離婚しており、彼女との間にはアマンダという娘がいる。

ディズニー関連[]

ギャラリー[]

Advertisement