Disney Wiki
Advertisement

Hello... I'm here... It's me... I'm here... Hello...
―Man's deer call from Bambi's perspective; attempting to lure the young fawn into a deadly trap.[src]


(Man)は、1942年のアニメーション映画『バンビ』に登場する姿の見えないヴィランである。バンビの母親を殺した猟師であり、ディズニー映画の中で最も悪名高く、腹立たしい悪役の一人として有名。

概要[]

猟師は他にもいるが、ここでの「男」はバンビの母親を殺した人物一人を指す。単なる猟師であるは男は、人間の基準では真の悪人ではないが、本作の主役である動物たちから見れば、悪魔のような存在かもしれない。

このキャラクターは、映画には全く登場しないにもかかわらず、バンビの母親を死なせてしまったことで有名で、ディズニー史上最も有名な悲劇のシーンの一つである。 彼は一度も姿を見せないので、不吉な3音節の曲が、男が現れる合図となっている。アメリカン・フィルム・インスティチュートが発表した「映画悪役トップ50」では、マレフィセントジャファースカーストロンボリなどの有名な悪役を抑えて、悪の女王クルエラ・ド・ヴィルとともにランキングされ、史上20位の座を獲得している。

登場作品[]

バンビ[]

バンビ母親が初めて草原で草を食んでいるときに初めて姿を現し、森の王様が警告を発する。その後、バンビの母親を撃ち殺した張本人となる。映画の終盤で、男は他のハンターや猟犬を連れて森に戻り、さらに鹿や森の動物たちを殺す手助けをする。狩りの途中、バンビを撃つことに成功するが、傷を負わせるだけで追い詰めることはできなかった。しかし、男とほかの猟師たちは、焚き火を放置したため、大規模な山火事を起こしてしまう。彼らが山火事から生き延びたのか、それとも山火事で死んでしまったのか、作中で明かされていない。There are deleted scenes shown to test audiences where Bambi and his father discover his corpse after the fire, with the great prince claiming "Perhaps there is some justice in this world after all", showing he has no remorse for him. Those have been cut for being too grim.

バンビ2 森のプリンス[]

A period of time after his mother is killed, Bambi falls asleep waiting for his father to return. He awakens after a dream about his beloved mother to the distant sounds of what appears to be her calling him. Bambi follows the voice to the edge of the forest. Upon arriving at an open meadow, the voice continues and Bambi enters into the opening. Then, crows from a dark treeline fly above cawing "Man! Man! Man!", indicating the hunter is waiting in the treeline and has just lured the fawn into a trap with a deer call. Three vicious dogs emerge from the treeline and Bambi freezes in terror as the predators run towards him.

The crows alert the Great Prince who comes to his son's aid and fights off the dogs, who retreat to the treeline. The Prince notices a shine in the treeline (Man's rifle) and he and Bambi flee the meadow as the hunter fires a shot at them.

Although Man is not encountered again in the film, Mena is ensnared in one of his traps after a fight between Ronno and Bambi, however, she is saved as Bambi lures his dogs away while the Great Prince sets her free, saving her from certain death.

ギャラリー[]

トリビア[]

  • ロジャー・ラビット』の初期の脚本では、バンビの母親を殺した猟師の正体がドゥーム判事であることを明らかにする予定だったが、理由は不明だが変更された。
  • 原作では、男は「He」と呼ばれ、より重要な役割を担っている。
  • 本名は不明なため、森の王様をはじめ、ほとんどの動物からは「人間」とだけ呼ばれている。
  • 彼がディズニー・ヴィランズの多くと同じように本当に悪意を持っているかどうかは議論の余地があるが、男は子鹿を連れた雌鹿を殺すことに何の躊躇いも持たなかったことが指摘されている。これは、彼が猟師というよりも密猟者であったことをさらに示唆するものである。アメリカの多くの地域では、子鹿を撃つことは違法である。また、『バンビ2 森のプリンス]]』では、当時まだ子鹿だったバンビを殺そうとしたことに何の罪悪感も抱いていない。
    • バンビの制作チームによると、男はもともと画面上にも登場する予定だった。しかし、そのようなキャラクターは、この映画にとってあまりにも暗く、険悪で、悪名高い存在であるため、チームはその描写を避けることにした。こうして、男が本当に悪人であることが確定的になった。
  • In a Golden Book about Bambi, which abridged the film, Man's campsite is shown and Bambi is cautioned this when "Man" has entered the forest again. However, several tents are shown, suggesting Man is with a larger hunting party instead of by himself.
    • Also in the book Bambi Grows Up, Man and another hunter are shown in-person, which indicates that Man has a hunting partner rather by himself. This is one of the few media in the Bambi franchise were he is physically shown in-person, as he isn't seen in the film.
  • Osamu Tezuka's 1951 manga adaptation of Bambi has a scene where Bambi and Thumper briefly explore Man's cabin.
  • アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100で、偉大な悪役第20位にランクされ、アニメーションの悪役としては2番目に高く、唯一物理的に姿を現さなかった。
  • In the film, Man is represented by an ominous 3-note motif. This motif may have inspired John Williams' iconic theme from Jaws.
  • "Man is in the forest" later became the code phrase in the studio to indicate that Walt Disney was approaching.
  • この映画は森の動物たちが主役であり、人間は姿を見せないキャラクターであるため、もし彼と同じ決断をする機会があれば、視聴者自身が悪役になりうるということを伝えるためのものである。
  • Although he doesn't speak, he does make a deer call in the second film, which is the voice of Bambi's mother, as he is trying to lure Bambi into a trap.
Advertisement